<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フラダンスで使う衣装の名前。それぞれに意味がある | main | 秋から冬への季節の変わり目のスキンケアのポイント >>

ハワイのお菓子といえばマカデミアナッツチョコレート。その理由は?

0

    ハワイの定番のお土産といえばいくつかありますが、マカデミアナッツチョコレートもその一つでしょう。

     

    ところで、なぜマカデミアナッツチョコレートがハワイのお菓子の定番になったのか、その理由は意外と知られていませんよね。

     

    マカデミアナッツがハワイで栽培されるようになったのはなぜか、そしてナッツとチョコレートが結びついたのはなぜか、その秘密についてお話ししましょう。

     

     

    マカデミアナッツチョコレートがハワイのお菓子の定番になった理由


     

     

    マカデミアナッツはオーストラリア原産ですから、ハワイの固有の植物ではありません。

     

    それがなぜ、ハワイの定番のお菓子に使われるようになったのか、それはこのような理由があります。

     

    オーストラリアからハワイにマカデミアナッツがもたらされたのは、19世紀の終わり頃。1880年代初頭です。

     

    オーストラリアの先住民、アボリジニの間ではマカデミアナッツは貴重な栄養源であり、儀式や祭祀で使われるものでもありました。

     

    それがなぜハワイに入ってきたのか、当初はサトウキビの防風林として使うために移植されたのだそうです。

     

    食用ではなく、庭木などにも使われていました。

     

    1920年代に入ってから食用としての利用価値が見出され、ハワイ大学が商業生産のための品種改良などを進めます。

     

    それによって、1950年代に入ると大規模生産が始まりました。ハワイといえばパイナップルやサトウキビが主要な作物でしたが、マカデミアナッツもハワイを代表する作物となったのです。

     

    ナッツを入れると溶けにくい!?マカデミアナッツチョコレートの秘密


     

     

    マカデミアナッツがハワイでも生産されるようになった経緯はわかりました。

     

    では、なぜそのナッツにチョコレートがついて、「お菓子」になったのかが、謎ですよね。

     

    これには、日系人が関わっているという話は、あまり知られていません。

     

    マウイ島出身のタキタニ・マモルさん(日系3世)が、チョコレートとマカデミアナッツを一緒に食べたところ、ナッツの風味を引き立て、食感も良くなることに気づきました。

     

    また、マカデミアナッツはピーナッツなどと比べると、粒の大きなナッツです。温度差に強いという性質を持っているため、チョコレートでコーティングした時に溶けにくいというメリットがあったんですね。

     

    ハワイはご存知の通り常夏の島ですから、普通のチョコレートではすぐに溶けてしまいます。しかしマカデミアナッツのおかげで溶けにくくなり、お土産としても人気が高まっていったのです。

     

    栄養豊富なマカデミアナッツとチョコレートの相性の良さに気づいたタキタニさんがいなかったら、この定番のお土産は誕生していなかったかもしれませんね。

     

     

    alohamau * ハワイ旅行 * 14:30 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ