<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏のダメージ肌にも使いたい、アロハアイナボディミスト | main | ハワイのお土産の定番、コナコーヒーの美味しさの秘密 >>

リンデンのハーブティーの甘い香りでリラックス〜風邪の引き始めにも

0


     

     

    リンデンフラワーのハーブティーはとても優しい、甘い香りがします。

     

    ハーブティーが苦手な方でも飲みやすいハーブティーではないでしょうか。

     

    くせがなくて、リラックスできるお茶。もちろんノンカフェインですから、寝る前に飲むのもおすすめですよ。

     

    リンデンのハーブティーの効能


     

     

    リンデンは別名セイヨウボダイジュといいます。ヨーロッパではとてもポピュラーな木で、街路樹でも良く見かけます。

     

    「ライム」とも呼ばれるのですが、もちろん柑橘系のライムとは全く違います。

     

    リラックス効果

     

     

    リンデンは非常にリラックス効果が高いお茶で、イライラした気持ちや不安感を和らげてくれます。

     

    仕事が忙しくて心に余裕がなくなっている時、育児や家事で自分の時間が取れずに疲れ切ってしまった時など、ぜひリンデンのハーブティーで心を癒してください。

     

    ほんのりとマスカットのような優しい香りが尖った心を丸くしてくれますよ。

     

    発汗作用

     

     

    リンデンは発汗を促し利尿作用にも優れているので、風邪の引き始めにも良いとされています。

     

    疲れが溜まっている時にはリンデンティーを飲んで、たっぷり眠った方が良いでしょう。

     

    リンデンのハーブティーの美味しい飲み方


     

     

    花を使ったお茶をリンデンフラワー、木を使ったお茶をリンデンウッドと呼んで区別していることもあります。

     

    初めて飲むなら、リンデンフラワーの方が香りが良くて美味しいと感じるかもしれません。

     

    まずはシングルティーで

     

     

    まずはリンデンだけでその優しい味わいと香りを楽しんでみてください。

     

    ◆ティーポットで入れてみる(2人分)

     

    1. 一度お湯を入れて温めたポットにリンデンをスプーン2杯分入れます。
    2. お湯を300cc注ぎ、3分ほど蒸らします。
    3. カップに注いで出来上がり。

     

    手軽に入れるなら茶こし付きのティーカップを使ってもいいでしょう。

     

    蜂蜜を入れると美味しい

     

     

    リンデンはとても飲みやすいお茶ですが、それでも飲みにくいと感じたら蜂蜜を入れてみてください。

     

    蜂蜜の甘い香りと相まって、更に美味しくなるでしょう。

     

    紅茶とブレンドするのもおすすめ

     

     

    リンデンはクセがないので、紅茶とブレンドしても美味しいんです。

     

    紅茶の渋みがまろやかになり、優しい香りのお茶になりますよ。

     

    紅茶とリンデンティーを半々くらいでブレンドしてみてください。

     

    リンデンのアロマと組み合わせるのもおすすめ

     

     

    寝る前にリンデンのハーブティーでリラックスタイムを楽しみながら、アロマランプでリンデンの精油を焚いてみるのはいかがでしょう?

     

    リンデンの精油は非常に珍しく、しかも水蒸気蒸留法という方法で抽出された精油にはなかなかお目にかかることができません。

     

    当店ではHANAのリンデン精油を取り扱っておりますので、リンデンのハーブティーが気に入ったら、ぜひ精油の香りも楽しんでいただきたいと思います。

     

    お茶とアロマ、また一味違った香りを楽しめます。寝る前のひとときを優雅なアロマタイムにしてみてください。

     


     

     

    >>リンデンの精油はこちらから

     

     

     

    alohamau * - * 21:16 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ