<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今でも語り継がれる、ハワイの神話や伝説 | main | 夏こそ保湿にオイルを使うべき!しっとり、カサカサしないボディケア >>

鼻の黒ずみはオイルでケア!オイルパックと保湿でブツブツ知らず

0


     

     

    気になる小鼻の黒ずみ。無理に毛穴の中のものを押し出そうとしていませんか?

     

    そんなことをするとお肌を傷めてしまいますし、余計に毛穴が大きくなってしまう可能性もあるのです。

     

    毛穴の黒ずみはオイルを使って肌を柔らかくし、正しい洗顔を行うことで徐々にきれいになっていきます。

     

    時間はかかっても毛穴パックなどを使わずに、正しいスキンケアによってきれいなお肌を保ちませんか?

     

    毛穴の黒ずみの正体は?

     

     

    毛穴の黒ずみには実は2種類あります。1つは角栓が酸化したもの、もう1つは毛穴の周りにメラニンがたまったものです。

     

    触ってみてブツブツしているようなら角栓毛穴、ツルツルしていればメラニン毛穴です。

     

    メラニン毛穴は美白対策が必要で、肌のターンオーバーを促進してメラニンを排出していく必要があります。

     

     

    角栓毛穴はつまり毛穴とも呼ばれますが、毛穴の中で皮脂と肌の古い角質が組み合わさって角栓を作ります。

     

    この角栓ができたばかりの状態ではまだ黒ずみにはなりません。

     

    角栓を放置しておくと皮膚の表面に角栓が出てきて、紫外線を浴びたり空気に触れることでだんだん黒ずんでいくのです。つまり、角栓が酸化した状態です。

     

    これが黒ずみ毛穴の正体。暑い季節には皮脂が増えるため、特にできやすくなります。

     

    でも大丈夫、この角栓は正しいスキンケアを行うことで徐々に目立たなくさせることができるのです。

     

    毛穴の黒ずみをケアする方法

     

     

    頑固な黒ずみ毛穴ですが、ポイントは3つ!

     

    1. 肌を柔らかくして角栓が取れやすくする
    2. 正しい洗顔をする
    3. 保湿をしっかりして皮脂を抑える

     

    です。

     

    オイルパックで肌を柔らかくする

     

     

    角栓ができている時には、古い角質がたまって肌がゴワゴワしていることが多いものです。

     

    その状態では、いくらとっても角栓がまたできやすくなりますから、お肌を柔らかくしてあげたいですね。

     

    それには、オイルパックをしてみましょう。

     

    1. クレンジングをしてメイクを落とします。
    2. オイルを手にとって少し温めます。
    3. 鼻の周りにオイルを塗って少しおきます。
    4. 10分くらいしたらティッシュで軽く拭き取ってから洗顔をします。

     

    時間があればラップを乗せてお風呂にでも入っているといいです。

     

    肌が温まって、より柔らかくなります。

     

    オイルは植物オイルならなんでも良いのですが、オススメはこちらのタマヌオイルです。

     


     

     

    >アイランドエッセンスタマヌオイルはこちらから

     

    奇跡のオイルとも言われるタマヌオイルにククナッツオイルなどを加えてさらっと使いやすくしています。

     

    オイルパックをしたからといってすぐに角栓が取れるわけではありません。

     

    また、角栓は70%がタンパク質ですから、オイルを塗っても解けるわけではありません。

     

    しかし皮脂と同じ成分が含まれた良質なオイルでパックすることで、お肌が柔らかくなり、角栓が取れやすくなっていきます。

     

    また、毛穴の中の汚れも落ちやすくなりますし、余分な皮脂も取ってくれます。

     

    正しい洗顔をする


     

     

    毎日の洗顔は、思っている以上に大切なのです。

     

    というのも、角栓を取りたいがためにゴシゴシこするようにしていたら、余計に角質が厚くなってしまい、肌がゴワゴワになってしまいます。

     

    また、皮脂を取り過ぎれば肌が乾燥し、かえって皮脂が出てしまうことに。

     

    洗顔はとにかく優しく、肌に刺激を与えないことが基本中の基本です。

     

    ◆正しい洗顔のやり方

     

    1. まず最初に手を洗います。泡立ちを良くするためです。
    2. 顔をぬるま湯で濡らします。
    3. 手で十分な泡を立てます。泡立てネットを使ってもOK。
    4. まずはTゾーンから泡を乗せ、頬など乾燥しやすいところは後から乗せます。
    5. 手で肌をこすらないようにして泡を転がすようにして洗います。
    6. 1分くらい洗ったらぬるま湯でよくすすぎます。
    7. 最後は水分を吸い取らせるようにして優しくタオルで顔を拭きます。

     

    ゴシゴシと洗っていた方はなんだか物足りない感じがするかもしれませんが、そのくらいでちょうどいいのです。

     

    特に、オイルパックをした後はお肌が柔らかくなっていますから、表面の汚れをそっと落としてあげるだけで十分です。

     

    石鹸は、余計なものが入っていない、良質な原料で作られたハンドメイドソープを是非使ってみてください。

     

    >ハワイアンバス&ボディのナチュラルハンドメイドソープ

     

    自然の恵みをふんだんに使った贅沢なハンドメイドソープ。大量生産の石けんとは違い、石油系の洗浄成分を使わず、天然素材の良いところだけで作られています。

     

    一度洗ってみれば、その使い心地の素晴らしさがすぐにわかるでしょう。

     

    洗顔の後は保湿をしっかりする

     

     

    そして仕上げの保湿。これが何より大事です。

     

    せっかく毛穴をきれいにしても保湿が足りないとまた皮脂がたくさん出てしまうからです。

     

    夏は汗をかくので、乳液を塗りたくないと思う人もいるかもしれませんが、適度な油分がないと肌が乾燥してしまい、角栓が取れにくくなります。

     

    そうならないように、洗顔をしたらすぐに保湿をしてください。

     

    化粧水をたっぷり塗って乳液やクリームを塗ります。もちろん、植物オイルでもOKです。

     

    毎日の丁寧なケアで小鼻の黒ずみを撃退!

     

     

    オイルパックは週に1〜2回でも十分です。洗顔と保湿、それにオイルパックを組み合わせてケアをしていけば、毛穴は必ずきれいになります。

     

    ちょっと時間はかかりますが、焦らずケアをしていきましょう!

     

    alohamau * - * 22:11 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ