<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 滑らかな肌を作る、マウイソープカンパニーのボディバター | main | 爪を傷めない、正しい爪の切り方 >>

正しいマニキュアの落とし方。優しく、爪を乾燥させないように!

0


     

     

    マニキュアを落とす時、皆さんはどうやって落としていますか?

     

    コットンに除光液をつけて、ゴシゴシ爪をこすっていませんか?

     

    実は、マニキュアを落とすのにも、正しい落とし方があるのです。

     

    丁寧に優しく落とさないと、爪が乾燥して傷みやすくなってしまうこともあります。そこで今回は、正しいマニキュアの落とし方についてお話しします。

     

    おさらいしよう!正しいマニキュアの落とし方


     

     

    マニキュアを落とす時に爪を傷めないようにするには、除光液の選び方と使い方がポイントです。

     

    除光液の選び方

     

     

    除光液は爪に負担がかからないように、ノンアセトンのものを選んでください。

     

    アセトンとはマニキュアを溶かすための成分なのですが、落ちはいいのですがその分爪にも負担が大きいのです。

     

    ツンとした香りが強いのが特徴です。

     

    爪を乾燥から守るなら、アセトンの入っていない除光液を選びましょう。

     

    除光液の使い方

     

     

    除光液を使う時はたっぷりと!

     

    量が少ないと爪をこすってしまうため、コットンにたっぷりと除光液を含ませて、爪の表面に乗せます。コットンの裏まで染みるくらい、たっぷりつけましょう。

     

    そして、ここがポイント。

     

    コットンで爪をこすりません!

     

    除光液を含ませたコットンを爪の上に乗せたら、しばらく時間をおきます。数分で大丈夫でしょう。

     

    爪のキワまでしっかりと除光液が染み渡るように、上から押して、こすらずになじませます。

     

    そして数分おいてから滑らせるようにして、根元の方から爪の先に向かってコットンを動かすと、ゴシゴシこすらなくてもするっとマニキュアが落ちるはずです。

     

    ラメなどが入ったマニキュアはやや落ちにくいので、コットンの上からアルミホイルを乗せるといいですよ。

     

    少し手間はかかりますが、コットンを爪より一回り大きく切って除光液を含ませ、それを爪に乗せてからアルミホイルを巻きます。

     

    そのまま数分おいてから拭き取ると、きれいに落ちるでしょう。

     

     

    マニキュアを落とした後はオイルで保湿を!

     

     

    マニキュアを落としたばかりの爪はとても乾燥しています。

     

    ノンアセトンの除光液を使っても油分をある程度落としてしまいますので、やはり乾燥します。

     

    そのままにしておくと爪のトラブルが増えますから、マニキュアを落としたら必ず保湿をしましょう。

     

    ハンドクリームやオイルで爪の根元から周り、もちろん表面もしっかりとマッサージをして油分を与えてあげてください。

     

    おすすめのオイルはこちら>>アイランドエッセンス タマヌオイル

     


     

    マニキュアはたまにお休みをしましょう

     

     

    いくら優しく落としても、オイルで保湿をしても、頻繁にマニキュアを落としているとどうしても爪が乾燥しやすくなり、二枚爪などのトラブルに見舞われてしまいます。

     

    そうならないように、たまにマニキュアを塗らない時間も作ってみてください。

     

    マニキュアを塗らない日を数日作って、クリームやオイルでしっかりお手入れをしましょう。

     

    alohamau * スキンケア・ヘアケア * 21:49 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ