<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 石鹸の原料に使われる、パームオイルの特徴 | main | 固形石鹸はシャンプーもできる!髪を洗う方法 >>

固形石鹸の上手な泡だて方〜もっちり泡でしっとり洗い上げる!

0


     

     

    顔や体を洗うのに、洗顔フォームやボディソープを使っている方も多いでしょう。

     

    でも石鹸があれば、1つで全身を洗うことができるです。ボディはもちろん、顔だって洗えます。

     

    石鹸はたっぷりの泡を作って洗うと、お肌もつっぱらずしっとり洗うことができるので、たっぷりのもっちりとした泡を作るのがポイント!

     

    そこで、固形石鹸の上手な泡だて方をご紹介します。

     

    泡立てネットを使ってみよう


     

     

    たっぷりの泡を作るには、手でもいいのですが、泡立てネットがあると便利です。

     

    1. 手が汚れていると泡ができないので、先に手を石鹸で洗います。
    2. 石鹸と泡だてネットをぬるま湯でぬらします。
    3. ネットで石鹸を包んで、数回こすります。
    4. 泡が少し立ってくるので、石鹸を外してネットをくるくるして泡を作ります。
    5. 泡ができたら、ネットから泡を絞ります。

     

    ネットをクルクルするときは、空気を含ませるようにすると、たっぷりでクリーミーな泡を作ることができます。

     

    また、途中であまりぬるま湯を足してしまうと、きめ細かい泡が作れません。もし足すのであれば、ほんの少しだけにしておきましょう。

     

    ネットがなければ手で泡を作ろう!


     

     

    もしネットがなければ、手で作ることもできます。

     

    1. 最初に手を洗うのはネットの時と同じです。
    2. 手で石鹸をこすりながら基本の泡を作ります。
    3. 片手を少しくぼませてそこに作った泡をのせ、少しずつ水を加えながら泡に空気を含ませるようにして指先でクルクルしながら泡を作ります。
    4. 泡が立ってきたら集め、クルクルして集め、を繰り返してくとたっぷりの泡が作れます。

     

    モコモコのクリーミーな泡で洗うととても気持ちがいいので、ぜひやってみてくださいね。

     

    肌に負担をかけないためにも泡で洗うことが大事!

     

     

    泡が不十分な状態で洗ってしまうと、肌への摩擦が増えることになります。

     

    ゴシゴシこすることは肌にとっては負担でしかなく、汚れが落ちるどころかシワやシミの原因にもなりかねません。

     

    ですから固形石鹸で洗う時にはたっぷりの泡を作ってください。そして、泡を転がすようにして、肌をこすらずに洗ってくださいね。

     

    alohamau * スキンケア・ヘアケア * 17:02 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ