<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハワイのオイルを使って頭皮のマッサージはいかが? | main | ハワイを代表する花、プルメリア。花言葉や花の意味 >>

様々な意味を持つハワイアンジュエリーのモチーフ

0


     

     

    普通のジュエリーとはひと味違う、ハワイアンジュエリー。

     

    それは、一つ一つのモチーフに意味があるからかもしれません。

     

    親から子へ、そして孫へと受け継がれているハワイアンジュエリーの歴史とモチーフの意味についてお話しします。

     

    ハワイアンジュエリーの歴史

     

     

    ハワイアンジュエリーの歴史は19世紀の終わりに遡ります。

     

    イギリスのビクトリア女王は夫であるアルバート公に先立たれてからなくなるまでのおよそ40年間、喪服を着て過ごしたそうです。

     

    喪服に派手な宝石は似合わないので、黒いアクセサリーばかり身に着けていたのだとか。

     

    ハワイ王朝最後の女王であるリウオカラニ女王はイギリス王室と深い親交があったので、そんなビクトリア女王の気持ちに寄り添い、ゴールドに黒の模様を入れたブレスレットを作らせます。

     

    ヨーロッパ訪問の際にも身につけて行ったそうですが、それがハワイアンジュエリーの始まりだといわれています。

     

    イギリスのアルバート王子の死を悼んで作らせたという説もありますが、いずれにしてもイギリス王室との親交がきかっけで誕生したジュエリーなんですね。

     

    それから女王と信仰の深かった人たちから段々とこのジュエリーが広まっていきます。

     

    今では大切な人に文字を刻んで送るジュエリーとして人気があり、ハワイを代表する文化の一つになっています。

     

    一度手にしたジュエリーは母から娘へ、またその娘へと受け継いでいく大切なものとして愛されています。

     

    ハワイアンジュエリーのモチーフの意味

     

     

    ハワイアンジュエリーには色々なモチーフがありますが、それぞれに意味があるんですよ。

     

    ハイビスカス

    ハワイ語で「アロアロ」と呼ばれるハイビスカスは「幸せな未来」「希望」という意味があります。ウェディングジュエリーとしても人気の高い模様です。

     

    ウミガメ(ホヌ)

    海の守り神として大切にされているウミガメですが、海の災いから守ってくれる御守りとしてジュエリーに使う人も多いのだとか。サーフィンが好きな方への贈り物としてもおすすめです。

     

    プルメリア

    神が宿る花ともいわれており、「大切な人の幸せを願う」という意味があります。女性の守り神ともされているので、プレゼントとしても人気のあるモチーフです。

     

    パイナップル

    たくさんの実をつけることから、富と財産、繁栄などの意味があります。金運アップの御守りとしても人気のモチーフです。

     

    ハート

    ハートは愛情の宿る場所ですから、幸福の象徴として人気があります。幸運、幸せな結婚などを願う人におすすめのモチーフです。

     

    シェル

    貝殻は昔からお金として使われてきたこともあり、金運アップのモチーフとして人気です。また、才能を開花させる力と傷ついた心を癒す力があるそうですから、一歩踏み出したいという時にもいいかもしれません。

     

    アロハ・ハワイ・マウのハワイアンジュエリー

     

     


     

     

    アロハ・ハワイ・マウでは14金のラグジュアリーいなペンダントトップなどを揃えています。

     

    ゴールドのチェーンと組み合わせてお使いください。


    >>ハワイアンジュエリー一覧はこちら。

     

    alohamau * ハワイの自然・神話 * 17:10 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ