<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハワイのハンドメイドソープで手ぬぐい洗顔をしてみませんか | main | 幸福のシンボル、イリマ >>

キラウエア火山を噴火させる女神ペレとハワイの人々

0

    JUGEMテーマ:フラ

     

    ハワイのキラウエア火山は今でもたまに噴火をする活火山です。2018年5月にも噴火をし、住宅地にまで溶岩が押し寄せました。

    日本でもたまに火山の噴火がありますが、さすがに溶岩が流れてくることはないので、ハワイの人たちは本当に自然とともに生きているんだなということがわかりますね。

    さてこのキラウエア火山ですが、女神ペレが住んでいるといわれているんです。

     

    キラウエア火山の噴火は女神の怒り。ペレは怒りっぽく嫉妬深いので、ペレの怒りに触れると火山が噴火し、溶岩が流れてくるのです。

    しかし現地の人々がそれを迷惑に思っているかというと決してそうではなくて、「ペレの土地を借りている」という意識で暮らしてるので、もしペレがその土地を返せというならお返しするという気持ちがあるんですね。

    だから溶岩の流れをせき止めたり流れをそらそうなんていう気はさらさらなく、それはペレの邪魔をすることであるとすら思われているのです。

     

    溶岩流はペレ自身であるので、流れてくる溶岩はペレが移動しているということになるんですね。

    ですから現地の人は溶岩が噴火したくらいで慌てることはなく、もしも今住んでいるところがダメになっても新しいところに引っ越せばいい、くらいに思っているのです。
     

    女神ペレにまつわる神話


     


    そんな風に現地の人から恐れられつつも愛されている女神ペレですが、ペレにまつわる神話はとても多くあります。

    その中でも有名なんは、オヒアとレフアにまつわる話。

    ある日、とてもハンサムなオヒアを見初め、自分とつき合うように声をかけるのですが、オヒアはレフアという恋人がいるので断ってしまいます。

    怒ったペレは嫉妬のあまりオヒアを木に変えてしまいました。オヒアを失って悲しむレフアは、毎日のように泣き続けていました。

    その姿を見て気の毒に思った他の神々が、オヒアを赤い花に変えてレフアの木に咲かせてあげたのだとか。

    もう離ればなれになりたくないので、レイを作ろうとしてレフアの花を摘んでしまうとオヒアが悲しんで雨が降るという言い伝えがあります。

    また、ペレは自分の行為を反省して、レフアのレイを身につけています。ペレの絵を見ると頭に赤い花をつけているんですが、それがレフアの花なのです。

    怒りっぽくて女神にしては乱暴者のように思えますが、ちょっと人間らしいというか、親しみを覚えてしまいますね。

     

     

     

    キラウエア火山に行く時は





    さて、観光でキラウエア火山を見に行こうと思っている人は多いと思います。怖いけれど女神様というと何かあれこれお願いしたくなってしまうかもしれません。

    でも、日本でも神社に行ったら神様にあれこれお願いしてはいけないですよね。神様には感謝をするのであり、ああしてほしい、こうしてほしいといってはいけないのです。

    それと似ていて、キラウエア火山に行った時もあれこれとお願いするのではなく、ただ「よろしくお願いします」と心の中でつぶやくだけでいいそうです。

    そうするとペレがその人にとって必要だと思うことをやってくれるんだそうですよ。

    ですから火山を見に行ったら、記念にと溶岩を持って帰ってきてはいけません。溶岩はペレ自身なのですから、そんなものを勝手に持ち帰ったらペレの怒りに触れて不幸に見舞われるという言い伝えがあります。

    実際に持ち帰ってしまった人から不幸なことがあったからと送り返されることがあるそうなので、気をつけてくださいね。

     

     

     

    alohamau * ハワイの自然・神話 * 15:40 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ