<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フラダンスの動きにはひとつひとつ意味がある | main | ハワイのハンドメイドソープで手ぬぐい洗顔をしてみませんか >>

ハワイの香りのボディクリームでガサガサかかともケア

0


     

     

    肌が乾燥する季節になると、かかともガサガサになりませんか?

     

    ストッキングが伝線したり、ひび割れて痛みが出たり。

     

    そうなる前に、毎日のちょっとしたケアでツルツルのかかとを手に入れましょう。

     

    かかとが固くなりやすい理由

     

     

    かかとは身体の中でも、ちょっと固くなりやすいところ。少しクリームを塗ったくらいではなかなかキレイになりません。

     

    かかとが固くなりやすいのはこんな理由があるからなんです。

     

    角質層が厚くなりやすい

     

     

    かかとは座っている時や寝ているとき以外、常にどこかに触れていますよね。外にいる時は靴を履いていますし、家の中でも立っていれば床と接しています。

     

    常になにかに触れているということは、外部からの刺激を受け続けているということなんです。

     

    外部刺激から肌を守るために、角質層がどんどん厚くなるため、固くなりやすいのです。

     

    皮脂腺がないから乾燥しやすい

     

     

    私たちの肌は、汗腺からは汗が、皮脂腺からは皮脂が出て、汗と皮脂が混ざり合いながら皮脂膜を作ります。

     

    その皮脂膜が天然のクリームとなり、肌を適度に潤してくれるんですね。

     

    ところがかかとには皮脂腺がありません。汗はたっぷりかいて蒸れますけど、皮脂は出ないのでただ濡れているだけ。

     

    油分がないので水分を閉じ込めておくことが出来ないので、乾燥もしやすいのです。

     

    家でできるかかとケア

     

     

    あんまり角質が厚くなって、ひび割れるほど固くなってしまうと大変。

     

    そうなる前に、セルフケアで柔らかいかかとに戻してあげましょう。

     

    顔と一緒、かかとも毎日ケア

     

     

    みなさん、お風呂上がりに顔に何も塗らないという方は少ないと思うのですが、かかとはどうでしょうか。

     

    何もしていないという方も多いのではないでしょうか。

     

    それでは日に日に乾燥していきます。お風呂上がりにはかかともちゃんとケアしてあげてください。

     

    軽くボディクリームを塗るだけでもかなり違ってきますよ。

     

    週に1度のかかとパック

     

     

    お風呂上がりの肌がまだ湿っている、柔らかい状態でパックをしてみましょう。

     

    パックといっても家にあるもので出来るので、是非やってみてください。

     

    ◆パックのやり方

    1. ティッシュを1〜2枚用意して、化粧水をたっぷり含ませます。
    2. そのティッシュをかかとに貼って、上からラップをします。
    3. さらにその上から蒸しタオルをあてて温めます。
    4. 5分くらいおいてはがしましょう。
    5. 最後はボディクリームを塗って保湿をします。

     

    最後に塗るボディクリームはお好みで。

     

    フローラル系の香りがお好きなら、ピカケやプルメリアがおすすめ。

     

    ジューシーなフルーツの香りがお好きなら、マンゴーやココナッツもいいですね。

     

    >>コパハイク ボディローション


     

     

    厚い角質は一度落としてから

     

     

    あんまりにもかかとが固くなってしまっている時は、少し削ってあげた方がいいでしょう。角質が厚くなりすぎていると、せっかくパックをしても水分も油分も浸透していきません。

     

    お風呂の後、肌が少し柔らかくなっている状態でかかと専用のやすりなどを使って角質を削ります。

     

    その後にボディクリームを塗って保湿をしますが、大事なのは早くケアしようとして角質を削りすぎないことです。

     

    削りすぎてしまうと「角質が足りない!」と思った身体は、余計に角質を作り出そうとしてしまうため、前よりもかかとが厚くなってしまう可能性があります。

     

    くれぐれも、削り過ぎには気をつけてください。

     

    隠れている所だからこそ、手を抜かずにケア!

     

    夏のサンダルを履く時期は素足になることも多くて、かかとケアをきちんとしている方もいると思います。

     

    でも冬はついつい手を抜きがち。そして、冬の方が乾燥がひどくなりますから、気がついた時にはガサガサで白く粉を吹いている、なんてこともあります。

     

    1年を通してツルツルのかかとを保てるように、乾燥する時期もお手入れをお忘れなく!

     

     

    alohamau * - * 22:22 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ