<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 全身のケアがこれ1本で。ボディオイルの便利な使い方 | main | ハートの葉っぱが可愛らしい、アンスリウム >>

ハワイのフラダンスの歴史

0


     

     

    ハワイといえばフラダンス。日本でも大人の習い事としてとても人気がありますよね。


    健康のためのダンスというよりも、ゆったりとした音楽で癒しの要素もありますし、 踊る方だけでなく、見ている方も幸せな気持ちにしてくれますね。

    そんなハワイのフラダンスの歴史についてまとめてみました。

    文字で伝承されてきたものではないので、諸説ある部分もありますが、とても奥深いフラダンスの歴史を知ってから学ぶとまた違った気持ちで踊れるかもしれません。
     

    フラダンスは祈り、言葉の表現





    元々ハワイには文字がなかったので、いつからフラダンスが踊られているのかということについて記された文書は残っていません。

    フラダンスの起源そのものもタヒチなのかハワイなのか、はっきりしたことはわからないのですが、ハワイでは独自の発展を遂げて今日のような形になりました。
     

    正確には「フラ」といいます



    こちらの記事ではフラダンスに馴染みのない方にもわかるように「フラダンス」と記載していますが、「フラ」という言葉はハワイ語でダンスという意味のある言葉です。

    ですから、フラダンスという言い方自体がちょっと違うんですね。正確には「フラ」だけで十分なのです。
     

    神様への祈り



    日本人からするとダンスは娯楽のひとつですが、ハワイの人にとっては宗教儀式、祈りの表現でもありました。

    文字を持たないがために、神様や自然に対する感謝と祈りの気持ちを踊りとして表現したものがフラダンスなのです。

    元々は火の女神ペレの怒りを鎮めるために、ヒイアカが捧げた踊り始まりだという説があります。

    今はフラの女神はラカだとされていますが、ヒイアカもラカもペレの妹で、ヒイアカはとても美しく、フラの名手でもあったといわれています。

    ハワイ島ではヒイアカが親友のホーポエに教わったフラを踊るようになったとされていますが、モロカイ島マウナロアはフラ発祥の地ともいわれています。ここでラカが古代ハワイアンにフラを教えたからだそうです。

    ハワイには様々な神話が存在するので、島によって若干の違いはあるものの、神に捧げる踊りとしての側面があることは共通しているようですね。

    昔はレイやブレスレットを身に着けるのではなく、祭壇に供えて踊りとともに捧げていたそうです。
     

    文字も代わりでもある



    また、フラダンスは歴史の継承という側面も持っています。

    文字で残すのではなく、自分たちの体験や出来事、文化や生活様式など自分たちの歴史を踊りで表現して子孫に伝えようとしたのです。

    その意味では、フラダンスの始まりは踊りというよりもジェスチャーやパントマイムのようなものに近かったのかもしれないですね。
     

    昔は優雅な音楽ではなかった!?



    神への祈りとか言葉の代わりとして使われていたフラダンスは、かつては今のような優雅な音楽に乗って踊るものではなく、太古の音やチャント(詠唱)と一緒に踊るものでした。

    この頃のフラダンスは「カヒコ」と呼ばれる古典フラで、サメの河出で着たドラムやひょうたんを叩いて音を出し、手や身体の動きによって雨や風、並の動きなど自然を表現して、1つの物語を紡ぎだしていたのです。
     

    選ばれた人しか踊れない



    フラダンスは娯楽のための踊りではありませんから、昔のハワイでは誰もが気軽に踊れるというものではありませんでした。

    若い男女の中から踊りの才能があり、かつ容姿も整っているものだけが選ばれました。女神ラカを祀る寺院に住み込んで、特訓を受けて習得する、非常に厳しいものだったのです。この修行を終えて卒業したものだけが人前で踊ることを許されました。
     

    一度衰退したフラダンス





    18世紀後半、ジェームスクック船長がハワイに上陸、そこから欧米の圧力によってハワイの文化が弾圧されていくようになります。

    19世紀半ばには、アメリカから来た宣教師によりフラダンスだけでなく、サーフィンなどハワイの伝統文化が禁止され、およそ50年間にわたって姿を消すことになります。
     

    カラカウア王によって復活



    そんなフラダンスが復活したのは、19世紀も半ばになってからです。ハワイ王国のカラカウア王が即位式でフラダンスを復活させました。

    この頃から欧米の音楽などが輸入されてきたこともあり、いわゆる「ハワイアンミュージック」が誕生します。それにあわせて、古典フラとは違う新しいフラダンスも生まれました。

    私たち日本人に馴染みがあるのは、こちらの新しいフラダンスの方ですね。

    カラカウア王は古来からの儀式としてのフラダンスではなく、少しでもフラダンスの文化を残すために、西洋の文化を受け入れつつエンターテイメントとしてのフラダンスに変化させていったのではないかといわれています。

    ちなみにこのカラカウア王は、実は日本を訪れたことがあるのです。群馬県の伊香保温泉を訪れ、伊香保の風景を王様がとても気に入って、この地に別荘まで購入したそうですよ。それが縁で伊香保のある渋川市はハワイと姉妹都市になっているのだとか。ハワイと日本にこんな意外な縁があったとは、あまり知られていないかもしれないですね。
     

    カヒコとアウアナ



    私たちが今フラダンスとして認識しているのはウクレレなどを使った癒しの音楽とともに優雅に踊られるものだと思います。

    これは現代フラと呼ばれる「アウアナ」スタイル。

    そして、古代からの儀式としての側面を持つ踊りは「カヒコ」スタイルと呼ばれています。

    日本でのフラダンスというとアウアナが主流ではありますが、カヒコを習える教室もあります。カヒコは単なるダンスではなくハワイの人の神聖な儀式。ひとつひとつの動作の意味なども教わりながら、神様や自然に対する思いなども学ぶことが出来ます。

     

     


     

     

     

    JUGEMテーマ:フラ

    alohamau * ハワイの自然・神話 * 11:11 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ