<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 長時間のフライトを快適に過ごすコツ | main | ハワイアンキルトのモチーフの意味 >>

海外旅行で機内に持ち込みできる荷物の大きさは?

0


     

     

    海外旅行に行く時に必ず乗るのが飛行機ですが、機内に持ち込める荷物の制限がいろいろあるので「これは持ち込める?」とまよってしまうこともあるとおもいます。

    国際線と国内線では若干の違いがありますので国内旅行と同じ感覚で荷物を詰めてしまうと制限にひっかっかってしまうことも。

    持ち込めないとされた荷物はそこで没収されてしまいますので気をつけたいところです。

    機内に持ち込める荷物の種類や大きさなどをおさらいしておきましょう。
     

    化粧品などの液体類

    化粧品、飲み物などの液体は持ち込みに制限があります。

     

     

    1つ100ml以下であること

    化粧品類は1つ100ml以下の容器のものであれば手荷物として機内持ち込みが可能です。100ml=100gで換算します。

    • 化粧水(ローション)
    • 乳液
    • オイル類
    • 香水
    • シャンプー、コンディショナー
    • 日焼け止めスプレー
    • 歯磨き粉
    • 飲み物


    これらはすべて「液体」扱いです。スプレーも液体と同じ扱いなので容器の大きさに注意が必要です。

    ※クリームやジェルなどの半液体も液体とみなされます。

    ここで気をつけなくてはいけないのは、「容器の大きさが100ml以下」ということです。

    中身が50mlであっても容器が200mlでは持ち込み不可となり、手荷物としては持ち込めなくなります。

    受託手荷物として預けるか、その場で破棄しなくてはならなくなるので、容器の大きさには注意してください。

    ちなみに、飲み物などは出国手続きが終わって保安検査場を過ぎたところで購入すれば、100mlを超えていても大丈夫です。

     

     

     

    透明の袋に入れる


    液体類は透明の袋に入れることになっています。ジッパーなどで密封できることが条件なので、普通のビニール袋ではなくて、ジップロックのような密閉袋を用意してください。

    袋は空港ではもらえませんので、事前に用意する必要があります。

    袋の大きさも決まっています。

    • 縦20cm、横20cm以内
    • 長方形の場合は縦横の合計が40cm以内
    • 袋にマチがないこと
    • 容量は1リットル以下であること


    マチがあると容量オーバーになってしまうので注意してください。

     

    1人1つまで


    容器の大きさとビニール袋の大きさがOKでも、機内に持ち込めるのは1人1つまでです。

    この袋に入る数の化粧品類であればいくつでも持ち込み可能ですが、袋がピッタリ閉まることが条件です。

    袋が閉まらないと入らない分は破棄となってしまうので、しっかり閉まる量に収めるようにしましょう。

     

    乗り継ぎの場合はルールが違うこともあるので注意


     


    上記でご紹介した手荷物の制限については、日本から国際線に乗る場合のルールなので、海外で乗り継ぎが必要になったときはその国のルールが適用になります。

    内容物によってはNGとなることもあるので、事前に調べておいた方がいいでしょう。

     

    医薬品、ベビーフードなど


    機内で飲む分の飲み薬やベビーフード、ミルクなどは透明の袋に入れなくても持ち込み可能です。

    薬は基本的に機内で飲む必要がある分だけです。場合によっては処方箋の写しなどが必要な場合があるので、もしたくさん持ち込む必要がある人は、事前に空港に確認した方がスムーズに手続きできるでしょう。

     

    持ち込める荷物の重さ


    液体物と危険物以外は、特に持ち込みの制限はありませんが、重さと個数には注意しましょう。

    これは航空各社で大きさ、重さが違います。また、エコノミークラスかビジネスクラスかなど乗る場所によっても違うので、事前に調べた方がいいでしょう。

     

     

     

    alohamau * ハワイ旅行 * 17:25 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ