<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハワイのお土産の定番、マカデミアナッツはハワイ原産じゃなかった!? | main | 捨てるところがない!便利なココヤシ >>

栄養価が高く、主食にもなるパンノキ

0



     

    パンノキという植物をご存知ですか?

     

    ハワイ語では「ウル」と呼ばれますが、育つ、繁栄する、髪の持ち物などの意味を持っています。

    そのような意味から豊穣と裕福の象徴とされ、ハワイアンキルトのモチーフとしてもとても人気があります。

    初めて作るキルトのモチーフにパンノキを選ぶと、食べ物に恵まれた裕福な人生を送ることが出来るという言い伝えもあるのだとか。

    英語では「ブレッドフルーツ」といいます。

    なぜそんな名前がついたのか、パンノキの実はパンみたいなのか、ちょっと不思議な魅力を持った名前の木ですよね。

    パンノキは元々ハワイにあった植物ではなく、古代ポリネシア人が持ち込んだものだと考えられています。いわゆる「カヌープラント」と呼ばれるもののひとつです。
     

    主食にもなるパンノキ




    パンノキの実は1日1個食べれば生きていけるといわれるほど栄養価の高い食べ物です。

    パンノキは高木で、大きいものは20メートルを超えます。1本の木に100個以上の実がつくこともあるので、この木が3本あったら1年は食べ物には困らない、という計算になりますね。

    主成分は炭水化物ですが、ビタミンやミネラルも豊富に含んでいます。

    まさに、パンのような主食になる果実だからこのような名前がついたという説もあれば、西洋人には蒸したり焼いたりという調理法がパンを焼くように映ったからという説もあります。

     

     

     

    蒸し焼き、煮る、焼く、揚げる

     


    パンノキは様々な方法で調理され、生で食べることはありません。一番簡単なのは蒸し焼きです。

    焼けた石の上に割った果実をおき、バナナの葉で覆ってから水を注ぎます。蒸し焼きにしたものそのままいただきます。

     

     

     

     

    カロと一緒に食べる

     


    カロ(タロイモ)をすりつぶして練ったものを「ポイ」といいますが、カロとパンノキを一緒にすりつぶしたものは、「ウル・ポイ」といいます。

    モチモチしていて美味しいと、とても人気があります。

     

     

     

     

    捨てるところがないパンノキ

     


    幹はサーフボードを作ったり家具に利用されたりします。

    樹液は糊としてカヌーの板の継ぎ目を埋めることが出来ますし、葉っぱは木製のボウルのつや出しに使うなど、まさに捨てるところがない、とても有用な植物なのです。

     

     

     

     

     

    パンノキの神話





    ハワイにはパンノキにまつわる神話があります。

    その昔、クーという神が人間の女性を暮らしていました。クーと女性の間には子どもがいましたが、ある時飢饉が訪れます。

    その時クー神は自分が生け贄になって子ども達を救うことを決意し、自分が戻らない旅に出ることで食料となる植物を生やそうとしたのです。

    クーは裏庭で頭から土の中に入っていきました。

     

    その後、悲しみに暮れながら、クーの妻はクーが消えた後に毎日水をあげていました。

    するとそこから小さな芽が出てきて、やがて大きな木に成長し、たくさんの食料をもたらしてくれたのです。

    それがパンの木でした。

    その木は妻と子ども達以外が触れようとすると土の中に潜ってしまうため、妻と子ども達が飢饉で苦しむ人たちに苗を分けてあげて、ハワイ中にパンの木が広まっていったということです。

     

     

     

     

    alohamau * ハワイの自然・神話 * 09:59 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ