<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ハワイのレイに込められた意味は?

0


     

     

    ハワイというと色とりどりの花で作られたレイのイメージがありますよね。そのレイですが、使われている花によって意味が違うのをご存知でしょうか。

     

    私たち日本人からしますと、おしゃれな花の首飾りくらいにしか思っていない人も多いと思うのですが、ハワイのレイには様々な意味が込められているのです。

     

    今回は、それぞれのレイにはどのような意味があるのかということをご紹介します。意味を知ってからレイを見ると、また印象が違って見えるでしょう。

     

    「レイ」という言葉の意味


     

     

    レイは首飾りだと思っている人が多いのではないでしょうか。確かに、「花輪」という意味もあります。

     

    しかしそれ以外にも、ハワイ語でこのような意味があります。

     

    愛する子供

    恋人

     

    大事な人たちという意味が込められているんですね。今ではハワイを訪れた方への歓迎の意味を込めて首にかけたり、お祝いの場面でもよく使われています。

     

    かつてはお祝いというよりも魔除けなどに使われていた時期もありますし、地位の高い人がつける象徴的な意味もありました。

     

    使われている素材も花だけでなく貝殻や鳥の羽など、様々なバリエーションがあるのです。

     

    レイは神への供物

     

     

    レイは単なる飾りではなく、元々は神への供物でした。ハワイには女神ペレが住んでいますが、妹のヒイアカが踊りを捧げる際にレフアの花で作った飾りを贈ったことから、レイは神への感謝や敬愛の気持ちを込めて捧げるものになりました。

     

    ハワイの人たちが自然を愛する気持ちを表し、そして自然から聖なる恵みを分けてもらうためにレイには花や葉の意味を込めて作り、様々な場面で使われるようになりました。

     

    妊婦さんに送るときは注意

     

     

    妊婦さんは、首飾りのようになっているクローズレイは贈ってはいけないとされています。それは、輪っかの状態のレイだと胎児の首に巻きついてしまうからという理由から。

     

    妊婦さんに贈るときはオープンレイ、輪っかになっていないものにするか、手にかけてあげましょう。

     

    花の種類によるレイの意味

     

     

    それぞれの素材の違いでどのような意味があるのか、よく使われているものをご紹介しますね。

     

    ピカケ

     

     

    ピカケはハワイアンジャスミンとも呼ばれ、とても濃厚な甘い香りがします。一つ一つの花がとても小さいので、作るのが大変なレイです。1本のレイで100個ものお花が使われるため、とても手間がかかっているレイですね。

     

    ピカケのレイは花嫁のレイとも呼ばれ、送る本数によって意味が違ってくるのです。

     

    1〜2本:友情、友達

    3〜4本:ロマンス、恋愛

    5〜6本:愛しています、告白

    6本以上:花嫁、求婚

     

    本数が増えるほど気持ちが強まっていくということですね。

     

    マイレ


     

     

    マイレのレイは葉っぱでできたレイです。とても神聖な植物とされており、結婚式で花婿とが身につけることが多いです。

     

    輪になっておらず、そのまま首にかけるレイになっています。

     

    マイレには平和、絆、縁結びなどの意味があるので、結婚式でよく使われるんですね。このマイレはハワイに昔からある植物で、人々を結びつける象徴として大事にされてきたのです。

     

    プルメリア

     

     

    プルメリアもハワイを象徴する花ですね。甘い香りが心を癒してくれます。

     

    プルメリアには気品、恵まれた人、ひだまりなどの意味があります。満月の夜明けに集めたプルメリアで作ったレイを好きな人に渡すと恋が叶うそうですよ。

     

    プルメリアの5枚の花びらにはハワイの挨拶「ALOHA」の意味がそれぞれ当てられているといいます。

     

    A:Akahai(優しさ、親切さ、思いやり)

    L:Lokahi(調和)

    O:Olu’olu(喜び)

    H:Ha'aha'a(慎み深さ、る謙虚)

    A:Ahonui(忍耐、我慢強さ)

     

    アロハというと日本人は「こんにちは」だと思っていますが、もっと深い意味のある言葉です。香りがいいだけでなく、プルメリアにはこのような意味が込められているんですね。

     

    ハラの実

     

     

    「ハラ」というハワイ語には罪や悪、失敗、過ちなどあまり良くない意味もあったことから、身につけることがタブーとされた時期もありました。

     

    今では初めと終わりという意味を表し、入学式や卒業式で使われます。

     

    alohamau * ハワイの自然・神話 * 20:45 * comments(0) * -
    このページの先頭へ