<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

ハレアカラ国立公園の見どころは?マウイ島に行ったら絶対行くべき場所

0

    ハレアカラ国立公園は、マウイ島の南東部にある、100平方キロメートルを超える広大な国立公園です。

     

    マウイ島で最も高い、世界最大級の休火山であるハレアカラがあり、山頂からはマウイ島を一望できます。

     

    ここでしか味わえないパノラマビュー、マウイ島に行ったら、ぜひ訪れたい場所の一つです。

     

     

    「太陽の家」を意味するハレアカラ


     

     

    日本語で書くと「ハレアカラ」になってしまいますが、正確に書くと「ハレ・ア・カ・ラー」、「ハレ」は家、「ラー」は太陽を指す言葉なので、「太陽の家」という意味になります。

     

    標高3,055mの山ですが、山頂付近まで車で行けるのはありがたいですね。

     

     

    巨大クレーター

     

     

    一番の見どころは、巨大クレーター。山頂付近には、大小11個もの火口丘(火山の噴火口の中に、新しく噴火してできた小さな火山のこと。)を持つクレーターがあるのです。

     

    このクレーターは、「2001年宇宙の旅」のロケ地ともなった場所です。直径は11.25km、深さはなんと800mもあります。

     

    このクレーターを見るためには、頂上まで約800mのところ、ビジターセンターに車を止めてください。

     

    山頂までの階段をのぼる

     

     

    本当に山頂の手前まで車で行くことができるので、登山に自信のない方でも大丈夫!

     

    山頂のパーキングに車を止め、あとはほんの少し、階段を登るだけです。360度のパノラマビューが楽しめます。

     

    快晴の日はまさに絶景!こんな景色はここでしか見られないでしょう。

     

    星空観測もできますので、夜もぜひ訪れたいですね。

     

    ハワイ大学や米軍が所有する天文台もあります。それだけ、きれいに星が見えるということでしょう。

     

    サンライズ&サンセットツアーに参加しよう

     

     

    日中の景色ももちろん美しいのですが、ハレアカラに行くならぜひ見て欲しいのが、サンライズとサンセットです。

     

    なお、サンライズ鑑賞(午前3時〜7時)は、事前予約が必要です。入園予定日の60日前から予約を受け付けており、車1台につき1.5ドルです(入園料ベット)。

     

    面倒な人はオプショナルツアーなどに申し込めば、自分で予約する手間も省けるでしょう。

     

     

    真夏でもコートは必須!

     

     

    3,000mを超す高山ですから、地上と同じ感覚で行ってはいけません。

     

    真夏でも気温は10〜15度くらい、半袖半ズボンでは凍えてしまいます。

     

    コートなどの防寒具は必ず持っていきましょう!

     

     

    ハレアカラの神話


     

     

    ハワイといえばやはり神話が気になりますが、ハレアカラは半神マウイとの関係が深い場所だとされています。

     

    その昔、ハワイはほとんどが夜で、なかなか日光が当たる時間がありませんでした。

     

    マウイの母ヒナアケアは「カパ」と呼ばれる布を作る名人でした。このカパは日光に十分当てて乾かさなくてはならないのですが、日が短いために、布を十分に乾かすことができません。そこで、なんとかして欲しいとマウイに頼んだのでした。

     

    マウイは太陽と直に話をしようと、ハワイで一番高い山であるハレアカラの山頂に登りました。頂上に住んでいた祖母のマフイエに相談すると、特別な縄と手斧を用意し、ウィリウィリの木に隠れて太陽を待つように伝えます。

     

    マウイは太陽がやってくるとその縄を投げて捕まえました。もっとゆっくりと空をめぐるように話すも、太陽は「早く巡ってしまえばその分ゆっくりできる」と断ります。

     

    怒ったマウイは太陽をロープに縛り付け、足を傷つけて弱らせます。その上で、これからはもっと空をゆっくりと回り、人々に光を十分与えるように約束させたのでした。

     

    そのおかげで、太陽が燦々と降り注ぐ常夏の島になったんですね。

     

    今でも山頂付近には、マフイエの家のあった場所やマウイが太陽を捕まえる時に立った場所などが残っています。

     

    alohamau * ハワイの自然・神話 * 19:16 * comments(0) * -
    このページの先頭へ