<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ハワイのお土産の定番、コナコーヒーの美味しさの秘密

0


     

     

    ハワイのコナコーヒーといえば、お土産の定番ですよね。

     

    でも、なぜコナコーヒーという名前なのか、どんな風味の特徴があるコーヒーなのか、詳しいことはよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

     

    そこで今回は、ハワイのコナコーヒーについて詳しくお話ししましょう!

     

    ハワイのコナコーヒーの特徴


     

     

    まず、コナコーヒーという名前ですが、このコーヒー豆が採れるのがハワイ島にある「コナ地区」というところなんですね。コナ地区で栽培されたコーヒーをコナコーヒーといいます。

     

    コナコーヒーはブルー・マウンテン、キリマンジャロと並んで世界三大コーヒーの一つなんですよ。

     

     

    火山が作り出した豊かな土壌

     

     

    ハワイ島自体はハワイ諸島の中でも最も大きな島ですが、南西部にあるコナ地区は特別な場所。

     

    ご存知の通りハワイ島には火山がありますが、コナコーヒーはマウナケア山とマウナロア山の斜面で栽培されています。

     

    コーヒー豆は普通標高が1000メートル以上の場所で栽培されるのですが、ハワイの気候のおかげで標高600メートル前後のところでも栽培できるのがコナ地区最大の特徴です。

     

    ごく限られた場所でしか栽培できないコーヒー豆なので、世界の生産量のわずか1%という希少なコーヒー豆。

     

    コナコーヒーが高価なのはとても貴重だからなんですね。

     

    しかもアメリカの中でコーヒーを栽培しているのはここだけなので、ホワイトハウスの公式晩餐会で出されるコーヒーはコナコーヒーと決まっているのです。

     

    柔らかい酸味が特徴

     

     

    コナ地区は日照時間などコーヒー栽培に適した条件が揃っている場所であり、涼しい山の斜面で育つコーヒーは苦味が少なく柔らかい酸味が特徴です。

     

    コナコーヒーには等級があり、一番大きなサイズの豆が最高級品とされています。

     

    • エクストラファンシー
    • ファンシー
    • N0.1
    • セレクト
    • プライム

     

    と5つの等級に分類されています。

     

    コナコーヒーと名乗ることができるのはこの5つだけなんですね。

     

    そして番外編ともいうべき、最高級品のピーベリーという等級もあります。100粒中3粒しか採れない特別なコーヒーです。

     

    コーヒー好きな方は、見かけたら是非飲んでみてください。

     

    ちなみに、コナコーヒーと名乗れるのはコナコーヒー100%のものだけですが、10%以上ブレンドされていれば「コナブレンド」と名乗ることができます。

     

    高級なコーヒーなので、ブレンドから試してみてもいいかもしれないですね。

     

    ハワイのコナコーヒーの美味しい飲み方


     

     

    コーヒーも淹れ方によって美味しさが違ってきますので、ちょっと時間をかけて丁寧に淹れてみてくださいね!

     

    コーヒー1杯分の分量

     

    • コナコーヒー 10g
    • お湯 160cc(およそ140cc分のコーヒーになります)

     

    1. コーヒーサーバーにペーパーフィルターをセットします。
    2. フィルターに一度お湯をかけます。こうすることで紙くささが取れます。
    3. コーヒー豆を入れます。
    4. 円を描きながらお湯を注ぎます。30秒ほどおいて蒸らします。
    5. 少しお湯を足す、蒸らすを繰り返して1杯分のお湯を入れます。

     

    お湯は一気に入れないで、豆に行き渡るように少しずつ入れていくと美味しいコーヒーになりますよ。

     

     

    alohamau * ハワイの自然・神話 * 15:11 * comments(0) * -
    このページの先頭へ